火葬車の特徴

◆燃焼温度
800℃以上の温度設定が可能で、ダイオキシン類対策特別措置法にある構造基準をクリアしております。

◆バーナ
1次バナーは低燃焼と高燃焼の2段階切り替えが可能で低燃費で効率の良いガス化燃焼を実現させております。また2次バナーを標準装着し無臭無煙化を図り、環境に配慮した設計となっております。
バーナ本体については、取扱い及びメンテナンスの容易さを考慮し、可能なかぎりシンプルな構造としています。一方、着火特性・火災の安定性を始めとする燃焼特性に対しても十分配慮した設計で安心してお使いいただけます。(燃料:灯油)

火葬炉・燃焼室

炉本体は、バッチ式一括処理型燃焼方式で、1次燃焼室から発生した未燃焼ガスはバーナにより昇温された2次燃焼室で、適当な間隔で設けられた燃焼用空気吹き出しノーズルから強制通風することにより、未燃焼ガスを完全焼却する構造とします。炉材については1次燃焼室から煙突まで、耐久性に優れたセラミックファイバーを使用しており、軽量と高耐久性を実現しております。
(材質:1450℃セラミックファイバー)

炉床について
燃焼室から引き出し可能な設計により、お別れから拾骨まで迅速に執り行うことが出来ます。
材質は耐火骨材に耐火性セメントや特殊結合材を配合したは耐久性に優れたキャスタブルを使用しております。

燃焼管理計器類・エゼクター・集塵機

◆燃焼管理計器類
操作性を考慮し火葬炉設置室内に制御盤を設置しすべての操作を一括して行うことが出来ます。デジタル温度表示計、火葬する動物に応じた温度設定が可能。設定温度でバーナの着火、消火を自動で行うことが出来ます。(熱伝対 アルメル・クロメル・磁性保護官)

◆エゼクター
送風機から空気を導入し、エゼクター内から高圧空気を排出することにより、燃焼ガスの排出効率を向上する装置です。
バタフライバルブにより風引力を調整しあるゆるペットの火葬に対応します。
(SGP50Aアルマー加工製)

◆集塵機(自治体条例対応モデル)
移動の火葬車でありながらサイクロン型集塵機を搭載したモデル。

ペット斎場について

動物専用火葬炉を完備しお別れから法要までを執り行います。施設の規模に応じて納骨堂を用意します。
画像:足利ペット斎場

法要室

お別れの際にお葬式を執り行う施設。また月例法要、供養祭等のイベントから各年忌法要まで執り行います。

提供:福岡ペット斎場

動物専用火葬炉

火葬する遺体の大きさに応じて、火葬炉の大きさと性能を選ぶことができます。条例がある自治体の条例に対応した火葬炉製作いたします。排煙の取り回し等も施設に応じて対応いたします。燃料(ガス、灯油)に対応。

提供:足利ペット斎場

霊園について

動物供養塔(合同墓地)・納骨堂を用意し手厚い供養を執り行います。

納骨堂

納骨堂は、納骨棚、納骨殿、霊堂と呼ばれ、棚式で骨壺に納めた遺骨を安置する施設です。年間管理費をいただいて維持管理を行い定期的に法要を営み利用者に参加いただき月例法要や供養祭を開催します。

提供:大阪ペットセレモニー

動物供養塔(合同墓地)

動物供養塔は、合同墓地、合祀墓(ごうしばか)とも呼ばれ、骨壺から遺骨を出し合同で埋葬する施設のことです。
法要を営み遺骨の埋葬が済めば年間管理費等は必要なく、通常のお墓のようにお墓参りが可能です。また施設によって写真プレートや墓石に刻印などオプションがあります。
定期的に法要を営み利用者に参加いただき月例法要や供養祭を開催します。
提供:てんのうじペット斎場

リクルート

求人/社員募集