ペットビジネス・ペット火葬車・火葬炉
ペット ペットビジネス・ペット火葬車トップ ペット サイトマップ ペット ペット火葬車:お問合せ ペット
ペット火葬車:事業内容 ペット葬祭ビジネス:開業の流れ ペット火葬車:視察・見学会 ペット葬儀:ニュースリリース
ペット移動火葬車 ペット火葬車
ペット火葬車:トップスペーサー
ペット
ペット火葬車:ペット葬祭ビジネス ペット葬祭ビジネス
ペット火葬車:火葬車の特徴 火葬車の特徴
ペット火葬車:新車情報 新車情報
ペット火葬車:中古車情報 中古車情報
ペット火葬車:よくある質問 ペット火葬炉
ペット火葬車:よくある質問 よくある質問
ペット
ペット火葬車:アンダースペーサー
フランチャイズ・代理店募集 ペット葬祭ビジネス:FC・代理店募集
ペット葬祭ビジネス:FC・代理店募集:トップスペーサー
ペット
フランチャイズ フランチャイズ
代理店 代理店
研修について 研修について
ペット
ペット葬祭ビジネス:FC・代理店募集:アンダースペーサー
会社案内 会社概要
ペット:トップスペーサー
ペット
事業所案内 事業所案内
会社概要 会社概要
ペット
ペットアンダースペーサー
ペット葬祭ビジネス:資料請求 資料請求
ペット
資料請求:お問い合わせフォーム お問合せフォーム
資料請求:ダウンロード ダウンロード
ペット
ペットアンダーライン
ペット葬祭ビジネス

ペット業界について
現在の日本はペットブームに湧き、特に犬の厚生労働省への登録件数は、この10年間に480万頭から660万頭へと40%も増加しており、登録外の頭数を考えると約2倍の1200万頭も飼われていると言われております。

ペットフード工業会が行っている犬猫飼育率全国調査によれば、犬を飼育している理由は「一緒にいると楽しいから」「自分が癒されるから」「和むから」といった自分本位のものが多く、ひと昔前の飼育理由である、「防犯のため」「子供の情操教育」などの理由をあげる飼い主は減ってきました。とくに単身世帯では、この傾向が顕著に伺うことができます。まさに社会変化に伴って、犬は「コンパニオンアニマル=伴侶動物」とも言うべき存在になったのです。

また、 犬飼育のきっかけについてのアンケート結果には「犬を飼える住宅や周辺の環境が整ったため」「経済的ゆとりが出来たので」が大半を占めています。日本経済の成長に伴う経済的なゆとりを理由に、ペット業界は右肩上がりで成長を続けており、2010年には2兆円を超えると推測されています。矢野経済研究所による「ペットビジネスマーケティング総覧2007年度版」によると、2005年度の総市場規模は1兆円を超えており、ペットフード市場については2654億円にも達しております。

市場拡大に伴いペット向けのサービスもいろいろと開発され、高度な医療設備を持つ動物病院、ペットホテル、ネコカフェ、ペットと同伴できる喫茶店、ペット霊園、ペット火葬を専門に扱う業者、お墓はもとより、犬の温泉施設まで登場してきております。まさにペットは家族の一員と考える社会となりました。

犬・猫飼育推移表
ペット頭数推移表
ジャパンペットセレモニーのビジネス構築
弊社は、犬猫はもちろん、熱帯魚、小動物からエキゾチックアニマルまで、飼育されているすべての動物を供養対象のペットと位置付け、ペットの死を迎えた時の電話相談から火葬、埋葬、定期的な供養祭の開催まで一貫したサービス提供し、ご依頼主様が納得できる葬送をご提案いたします。

亡くなってしまった時点での電話による相談から、供養全般までを全国のお客様にご提案できる環境を整えることを目標とし、「ペットを家族同様にお見送り」をコンセプトに、現代社会の時流をとらえたビジネス展開を構築しております。
 
 

HOME | SITE MAP | CONTACT | LINK
Copyright(C)2008 【ペット葬儀・ペット火葬 Japan Pet Ceremony】 All Rights Reserved.